STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-955-664 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

お金の授業vol.66 お金の知識19

2016年 7月15日

朝木 英洋

ビジネス

皆さんこんばんは!!STEPの朝木です。
さっそく進めていきたいと思います。
 
 
【お金の授業vol.66お金の知識19】
 
 
前回まで「世界一可能性が高い国」
である3つの理由のうち2つの理由
「人口ボーナス」「急激な経済成長」
をお伝えしました。
 
 
今回は、最後の3つ目、
「観光客の増加」についてお伝えします。
 
 
突然ですが、皆さん、
フィリピンに行かれたことはありますか?
 
私の知人達は、
1回は行った事があるって感じですかね。
またそのほとんどがセブ島などのリゾート地
に行かれた方が多い感じでした。
しかし、最近の傾向としては、
市内で過ごされる人が増えてきています。
 
それは、何故か?
 
私達が行きたくなるような
施設を多く建設し、
急激な発展を成し遂げ、
魅力ある国に変化してきているからです。
 
例えば、その1つに
パサイ市にあるアジアで2番目に大きい
「モールオブアジア(Mall of ASIA)」
があります。
 
どんな施設かと調べてみると、
フィリピン最大のスーパーマーケットチェーンの
シューマート(SM)がパサイ市のベイエリアに
新しく開いた巨大モール。
延べ床面積は38万6千平方メートル、
敷地面積では、五本の指に入る。
2階建て4棟で構成される。
ショップ数600店舗、飲食店150店舗。
駐車スペース5000台。
 
実際に行ってみましたが、まず、広い!!
 
どれくらい広いかといいますと、
東京ドームが、
4万6755平方メートルですので、
8個分以上の広さですね。
全てを見るのに、2日以上はかかります。
広すぎて迷子になりそうです。
(実は、迷子になりました・・・)
 
また、予想以上に人が多いですね。
どこからこれだけ多くの人々が集まってくるのかな?
と思うぐらいです。
現地の方の多さも、もちろんですが、
「観光客も多いな」と感じました。
 
実際にどれくらいの人々が
フィリピンに訪れているのかな?
また、どこの国が多く訪れているのかな?
と思い調べてみると
2014年のフィリピン訪問者国別動向(上位12カ国) 
https://www.lapita.jp/2015/03/post-1284.html
にて、以下の結果を確認できました。
 
1位 韓国 1,175,472人
2位 アメリカ 722,750人
3位 日本 463,744人
 
1番は圧倒的に“韓国”で
続いて“アメリカ”
そして“日本”は3番目でした。
またシェアは3カ国あわせて
50%のシェアがあるそうです。
 
シェア率
1位 韓国 24.3%
2位 アメリカ 15.0%
3位 日本 9.6%
 
その中でも日本の対前年(2013年)
同期伸び率は、1位の韓国を抜いて6.9%
と伸びているそうです。
またその他の国々も
増加傾向にあるそうです。
他の国々もフィリピンの魅力を
知っているんですね。
 
他にも車で10分ほど進んだ場所に
エンターテイメントシティー
(カジノホテルなど)が建設されていたり、
まだまだ楽しめる場所が
増えてきているのも現状です。
このエンターテイメントシティーエリアについては、
次回お伝え致しますね。
 
このように目が離せない施設がどんどん建設し、
発展してきているフィリピンの魅力を
次回も、引き続きお伝えしていきたいと思います。
 
 
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。