STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-955-664 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

セブ島

2017年 5月25日

朝木 英洋

ビジネス

【セブ島 】
皆さんこんばんは!!STEPの朝木です。
さっそく進めていきたいと思います。

今回は、今年に入り何度も足を運んでいる場所、
「セブ島」についてお伝えしようと思います。

「セブ島」と聞きイメージするのは、
アジアでも有名なリゾート観光地ですかね。

リゾート地というイメージの一方、
ビジネスでも大きな要素を持っているのも「セブ島」です。

BPO(Business Process Outsourcing)と言い
前回フィリピンマニラ市内でも
多く建設されているとお伝えしていますが、
各諸外国のコールセンター等が
セブ島にも多く作られております。

そのため、多くの人々が生活しており、
生活に欠かせないメインの交通手段は車となります。

マニラ市内と同様、渋滞は至る場所で発生し、
多くの時間が費やされています。
特にひどい場所は、セブ島の2つの島を結ぶため
2つの大きな橋があります。

この橋を渡る両側が
非常に多くの時間を費やす場所となっています。

実際に渋滞がなく15分程度で進む距離が、
渋滞が発生する時間帯(8時頃と17時頃)になると
必ず1時間以上はかかります。
何度が飛行機に間に合わない事もありました・・・

そんな渋滞を解消するため、
3つ目の橋を建設すると発表されました!!

2017年に役所からの認可を取得できますので、
おそらく2020年ごろには完成する予定です。

http://www.philstar.com/cebu-business/2016/05/04/1579636/permit-processing-underway-third-cebu-bridge-project

3つ目の橋が完成すれば
まちがいなく交通量が分散されますので、
渋滞は緩和されると思います。

そうすれば渋滞にかかっていた
無駄な時間を解消する事が出来ますので、
その時間を有効な時間に変える事が出来ます。

つまり・・・

ビジネスチャンスにつながる時間を
多く得ることが出来ますよね。

橋の建設もさながら、
実はセブ空港も大きな変化があります。

この度メガワイド(フィリピンの建設大手)が、
フィリピン中部セブ島で
新空港ターミナルの建設を開始しました。

2018年に完成する予定で、
既存ターミナルの改修と合わせ、
年間利用可能旅客数は、
現在の3倍近い1250万人となる予定です。

 「マクタン・セブ国際空港建設事業」は、
空港関連では初の官民パートナーシップ(PPP)事業で、
メガワイドとインドのインフラ大手GMR
インフラストラクチャーによる
企業連合が受注していました。

新しい国際線ターミナルを建設するほか、
隣にある既存のターミナルを
改修することになっており、
大規模な空港が完成する予定です。

セブ島はリゾート地として
日本でも人気が高いのですが、
最近では英会話学校が増えた影響で
世界中から留学生が集まっています。

信頼の全日空系列格安航空会社(LCC)
バニラ・エアは、
今年3月に成田―セブ便を就航しており、
来訪者はさらに増えることが予想されています。

セブ島は、さらなる発展により
大きな魅力のある1つの島になっていきますね!!


今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。