STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-955-664 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

フィリピンの観光地〜パラワン諸島 プエルトプリンセサ〜

2017年 7月16日

山形 則子

レジャー

こんにちは。STEPの山形です。
 
今日はフィリピン南西部にあるパラワン諸島の中心地
プエルトプリンセサをご紹介します。
 
近年、日本のテレビやフィリピン国内の空港で
紹介されているパラワン諸島ですが、
プエルトプリンセサにはパラワン諸島のハブ空港があり、
プエルトプリンセサ国際空港には国内線以外にも、
台湾や韓国からの国際線も飛んでいます。
 
世界中から観光客が訪れる理由としては、
世界遺産のプエルトプリンセサ地底河川公園や
日本人には馴染みのある名前のホンダ湾などがあります。
鍾乳洞内を流れる川で世界最大として世界遺産に登録された、
プエルトプリンセサ地底河川公園は、
市内より車で約2時間、その後船で30分で行くことができます。
 
貸し出されたヘッドライトを頼りに
洞窟の中をボートで進んでいくツアーは
まるで探検家になったような気分ですが、
日本語での説明もあるので、英語が不安な方でも楽しめます。
 
また、この洞窟では1日の入場者数を制限しており、
個人で行くのは難しい為、ツアーに申込む必要があります。
 
プエルトプリンセサ空港を出てすぐにツアー会社等もありますが、
街中、ホテルなど様々なところで申込みができ、
金額も統一されています。
 
そして日本人の方には名前が覚えやすいホンダ湾ですが、
こちらは残念ながら日本には関係なく、
スペイン語のHondo(”深い”という意味)に由来しています。
 
ホンダ湾での主なアクティビティは
近隣の島を巡るツアー(通称:アイランドホッピング)ですが、
基本的にはどのツアーもホテルまでの送迎、昼食、船代が含まれており
(入島料やシュノーケルセット等のレンタル代は含まれていません)、
3〜4つの島へ行きます。
 
手付かずの大自然が多く残るホンダ湾の、
中でもおすすめはパンダン島です。
ダイビングショップと、フィリピンならではの
バンガロー型の宿泊所がある以外は
透き通ったビーチと椰子の木だけの島です。
  
携帯電話、一眼レフ、どんなカメラを使ってもきっと
ボートが宙に浮いているような写真が撮れる
素晴らしいビーチが広がっているので是非、訪れてみてください。
 
マニラ、セブから飛行機に乗ってわずか1時間程度で
手付かずの自然が残るフィリピンリゾートを満喫できます。
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。