STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-955-664 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

【フィリピンの誕生日】

2017年 8月20日

山形 則子

フィリピン

こんにちは。STEPの山形です。
 
本日は、フィリピン人の誕生日についてご紹介します。
世界には、韓国の韓国年齢や
古くからの伝統を守る民族の成人の儀式など
日本とは変わった文化がありますが、
フィリピンの誕生日文化も面白いものがあります。
 
まず日本では、誕生日の人へプレゼントをあげたり
サプライズパーティーを企画してのお祝いが一般的ですが、
フィリピンでは全くの逆で
誕生日の人が、家族や友人を招待して
自分でパーティーを開く習慣があります。
 
パーティーの形としては様々ですが、
就業日の場合は、
誕生日の人自らオフィスにデリバリーを注文したり、
食事を持ってきて同僚らに振舞ったりします。
自宅でのパーティーをするときは自ら食事を作り、
友人や家族以外にも、近隣の人や通りすがりの人にまで
振る舞うパーティーとなります。
 
理由としては、日頃お世話になっている人への感謝や、
多くの人と幸せを分かち合うといった理由があるそうですが、
全く関係のない人にまでご馳走してしまうところは、
フィリピン人のホスピタリティの高さが伺えます。
 
また、誕生日のお祝いに欠かせないものがレチョンとケーキです。

レチョンとは豚丸々一匹の中に香辛料や干草を詰めて
外はカリッと中はジューシーに焼いた料理です。
レチョンは街中のスーパーや道端でも売られていますが、
こだわりのあるフィリピン人は、
実際に養豚場まで足を運び生きている豚の中から選ぶ
といったこだわりもあるそうです。
 
ケーキもフィリピン独特のものがあり、
チョコーレートの生地にチョコーレートのクリームをトッピングした
激甘ケーキです。

日本では到底考えられないような着色料が
たっぷり使われたカラフルなケーキや、
まるで本物と間違えてしまいそうな面白いデザインのケーキもあります。

普段、仲良くしているフィリピン人に
何かしてあげたいと思ったら、
ご自身の誕生日にフィリピンを訪問してみてはいかがでしょうか。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。