STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-853-677 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

【Botanika Nature Residences(ボタニカ・ネイチャー・レジデンス)】

2017年 11月21日

朝木 英洋

ビジネス

こんばんは! 
STEPの朝木です。 
 
  
本日は弊社が現在取り扱っているコンドミニアム、Botanika Nature Residences(ボタニカ・ネイチャー・レジデンス)についてご紹介させて頂きます。 
  
このボタニカは緑豊かな街、Filinvest City(フィーリンベストシティ)に位置します。 
まずは、このフィーリンベストシティからご紹介させて頂きます。 
  
この街はマニラから南に10kmのMuntinlupa(モンテンルパ)のAlabang(アラバン)という地区に位置します。 
その大きさは244ヘクタールと広大な面積を誇ります。 
 
ビジネスの中心街であるマニラへのアクセスは、スカイウェイという高速道路により15分。その途中にはニノイ・アキノ国際空港やBGCなどがあり、様々な主要都市とのアクセスが便利ということで、ベッドタウンとしても人気を誇る街となります。 
 
そして、街の名前ともなっているFilinvest Development Corporation(FDC)ですが、不動産、銀行および金融サービス、ホテルおよびリゾート管理、発電および砂糖産業等の幅広い事業を手掛ける都市開発会社です。彼らの企業理念が「フィリピン人の夢を構築する」という目標を掲げており、その夢とはフィリピン人のこよなく愛する緑豊かな街を作りたいという想いが、このフィーリンベストシティには溢れています。 
 
ガーデンシティと名付けられた大通りには、街路樹としてヤシの木が植えられています。 
高層ビルが立ち並ぶ中心街から程近い距離にあるにもかかわらず、その街並みはリゾートにいるような気分にさせてくれます。

また、その美しい街並みから毎年マラソン大会が開催されているそうで、大会には弊社のアンディも時々参加しているそうです。 
 
また、ビジネス街として、街のシンボルでもあるパークウェイコーポレートセンターを中心にプレミアCBCやノースゲートサイバーゾーンというビジネス街があり、多くのBPO企業がオフィスを構えています。 
 
その他、シビックプラザという消防、郵便、警察などの地方自治体の官公庁が街の中心にあり。この街はフィーリンベスト社によって住む人のためにトータルコーディネートされた街となっています。 

そんなフィーリンベストシティの、すべての外壁が白壁に塗られた美しい住宅街の中心にボタニカは現在建設されています。 
 
もちろんこのコンドミニアムを建設しているデベロッパーはフィーリンベスト社です。 
ボタニカの魅力は、なんといってもその緑豊かな自然です。 
 
総面積1.55ヘクタールという広大な面積を誇るボタニカには最終的に3棟のコンドミニアムが建設予定なのですが、建物の占有面積は全体の30%となっており、残りの70%は森林等の自然公園やプール等のアメニティが占有しています。 
 
また、このコンドミニアムはフィリピングリーンビルディング評議会が定めたガイドラインに従って、BERDE(グリーン建物評価システム)でも高い評価を得ており、フィリピンの環境保全の面からも大変注目を集めています。 
 
その自然保護の精神は森林公園やアメニティだけではなく、このコンドミニアム自体にも生かされています。 
人間が本来必要とする自然要素を最大限に生かすために、各建物の中心はすべて吹き抜けで設定されており、これは自然の太陽光をどのユニットも取り入れられるように設計されています。 

また、各部屋は余裕を持った広さで設計されており、スタートユニットが2BRの123㎡から設計され、家族で住むのに最適な環境となっています。 
「16万人以上の家族のために家を建てました。」とフィーリンベスト社がキャッチコピーを出しているように、アメニティにプール、ジムだけではなく、シアタールーム、お子様のためのゲーミングルーム、キッズルームやシアタールームまでもがこのリゾート型コンドミニアムには含まれています。 
 
投資物件としてはもちろんのこと、あなたがボタニカに住むことを想像してみてください。 
週末には自然豊かな緑の中で、周囲の喧騒から離れた静かなひと時を家族と過ごすのもいいかもしれません。 
 
そして、プールやジムで運動をした後は、アメニティのサウナルームでリラックスする等、健康で精神的にも穏やかな日々を送ることがこのコンドミニアムならできます。 
 
さらに、チャペルも森林公園内に併設されてますので、チャペルで行われているイベントに出かけるのもいいかもしれません。 
 
このような生活が中心街マニラから車でわずか15分の距離で手に入るのです。 
 
ビル群に囲まれて生活するのは息苦しい、子供には自然豊かな場所で自然と触れ合って成長してもらいたい、そんな風に考えられている方向けのコンドミニアム、「Botanika Nature Residences(ボタニカ・ネイチャー・レジデンス)」を今回はご紹介させて頂きました。 
 
最後まで読んでくださりありがとうございました。