STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-955-664 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

フィリピンの情勢と法改正に関してのご連絡です。

2017年 12月8日

朝木 英洋

お知らせ

こんばんは。
STEPの朝木です。

本日は現在のフィリピン情勢や法改正に関して、
皆様にお伝えさせて頂きます。


弊社がフィリピンに参入してから、
すでに5年が経とうとしております。

その頃の私達には想像が出来ない程、
街並みやインフラ整備も発展しており、
その波に乗って弊社も銀行買収を行える
規模にまで成長出来ました。



これは弊社だけの力では到底無理でした。
フィリピンの経済成長やビジネスパートナー、
日本の皆様にご助力頂いたおかげです。
本当にありがとうございます。


そして、遂にこの経済成長の波が、
「フィリピンという国を次のステージに押し上げる段階が来た」
と私達は感じております。


そう、先進国へと躍進する段階が来ました。
弊社がフィリピンへ参入した5年前。

フィリピンは法こそあるものの、
アンダーテーブルや汚職といったことが日常茶飯事に行われていました。

現在でもまだ完全に淘汰されたわけではありません。


しかし、アキノ大統領、ドゥテルテ大統領と移り変わり、
法改正を何度も重ね、5年前と比べれば汚職などはかなり減少しました。

そして、これは犯罪や汚職などに対してだけでなく
企業の業務や銀行法などにも大きな変化をもたらしました。


今現在もフィリピンの情勢や法律はめまぐるしく変化しています。

そして、以前お伝えしていた利息制限法についても、
今後整備されるという情報が弊社にも入ってきております。

またこちらに関しては、
確定次第弊社から皆様へお伝えさせて頂きます。


ただ、弊社としては、
フィリピンという国が更なる発展を遂げる為には、
このように国が総力を挙げて法整備などを行っていくことは
必然であると考えております。


今だからこそ先進国として扱われる日本でさえ、
戦後は焼け野原に勝手に線を引き「ここは私の土地だ」
などという事がまかり通っていたのですから。

そして、その後、日本も高度経済成長期を迎え、
法を尊重し安定した国造りを行った先に今の日本を手に入れたのです。



確かに現在のフィリピンは、自由が利かなくなった分、
ビジネスチャンス、参入機会として捉えれば、
弊社が参入した当初よりかなり厳しい状況です。

しかし、裏を返せば、
アンダーテーブルや汚職などに頼ってビジネスを行ってきた企業は淘汰され、
真っ当にビジネスを行ってきた企業は、
更なる発展を遂げるチャンスであるとも考えられます。


先進国へと躍進するには法の尊重、
そして、企業が真っ当にビジネスを行い、
生産、雇用、供給の安定化を図っていくことが必要です。


とは言っても、
フィリピンが先進国へと躍進するにはまだまだ月日を必要とします。

弊社もフィリピンで更なる発展を遂げる為、
フィリピンのルールに従い
真っ当にビジネスに従事したいと考えております。


それが長い目で見れば、
弊社にとって、皆様にとって大きな発展をもたらしてくれる。
そう信じております。


今年も残すことあと僅かとなりましたが、
最後まで業務に勤しむと共に、来年への準備を進め、
2019年度も弊社と皆様とで更なる躍進を行えるよう尽力して参ります。



そして、いよいよ明後日、12/10(日)に、
弊社が主催するチャリティーイベントが開催されます。


フィリピンへの感謝を、
日本の皆様への感謝を形に出来る良い機会を頂きました。


当日の様子は、動画撮影などを行い
皆様にもチャリティーの様子をお届け出来る様に準備していきます。
楽しみにして頂ければと思います。


それでは、
本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。