STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-955-664 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [営業日]月曜・火曜・金曜
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

【フィリピンの焼き鳥】

2018年 2月16日

山形 則子

フィリピン

こんにちは。
STEP CAPITAL MANAGEMENTの山形です。
 
東南アジアではよく焼き鳥が食べられていますね。
サテーと呼ばれたりしています。
皆さんは召し上がったことがありますか?
 
フィリピンにもありました、焼き鳥。
屋台やカレンデリアの軒先で焼かれ
時には焼き上がるまで待たされながら
アツアツをいただくのです。
 
日本で一般的なモモだけではなく
カシラや軟骨、モツも焼かれていますし
魚やソーセージが焼かれていることも、あります。
 
そしてお味のほどは?
日本の焼き鳥だと「タレ」か「塩」が一般的ですが
写真をご覧になると
少し様子が違うことがお分かりいただけるでしょう。
 

少し甘いこの焼き鳥は
タレにピーナッツソースが使われているようです。
 
フィリピンでは焼き鳥だけでなく
BBQでも甘い味付けがされています。
長期で滞在していると
「塩の焼き鳥が食べたい〜!」
という気持ちになることもありますが
まずは現地のお味を試してみてください。
 
ちなみに写真の奥に写っている
竹の皮に包まれているもの。
何が包まれていると思いますか?
 
・・・
・・・
・・・
 
私は中華風の「ちまき」を期待しましたが
中身は「白いごはん」でした。
ポソポソとしたライスは
フィリピンでは愛されている食感です。
「ポソ」と呼ばれているんですよ。
 
焼き鳥とライスの組み合わせ。
フィリピン人の味覚をぜひ
味わってみてください。
 
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます。