STEP CAPITAL MANAGEMENT

フィリピン情報発信・紹介・ビジネスをサポート

資料請求・お問い合わせ 0120-853-677 [受付時間]10:00 ~ 17:00 [定休日]水曜・土曜・日曜・祝日
メールはこちら

STEP OFFICIAL BLOG

タギグ市-ケソン市を短縮1時間! マニラ首都高速道路開発計画

2018年 7月25日

町田 健登

不動産関連

こんにちは、
S DIVISION HOLDINGSの町田です。 
 
 
本日は、マニラ首都部の開発計画 
「C6高速道路」について、 
説明させていただきます。 
 
まず、下記のの地図を
ご覧ください。

C6は、タギグ市とケゾン市をつなぐ
全長34キロ、6車線からなる
高速道路になる予定です。 
  
青色の線が、C6高速道路です。 
 
現在、学生都市として、また産業の
中心街のひとつとして
機能しているケゾン市ですが、
マニラからアクセスするのは、
至難の業なんですね。 
 

というのも、
マニラ市内~ケゾン市内を結ぶ幹線道路は、
主に下記の3つ。

・ロハスブルーバード(緑色) 
・エドサストリート(水色) 
・c5(赤色) 
 
土地勘がある方は、
すぐにピンとくると思いますが、
マニラでもとりわけ大渋滞する
幹線道路です。 
 
 
現在、 
マニラから北へ伸びるNLEX, 
マニラから南へ伸びるSLEXは 
繋がっておらず、全ての車は一度、 
高速道路を降りなければなりません。 
 
 
結果、マニラに用事がないのにもかかわらず 
多くの車が、3本の道路に一度、降り立ち、 
無意味な大渋滞を引き起こしているのが
現状です。 
 
 
解決策の一つが、以前ご説明した 
NLEXとSLEXを結ぶピンクの点線の 
高速道路です。 
 
 
そして、もう一つが、この 
青色のC6高速道路です。 
 
 
タギグ市上のSLEXとつながり、 
リザール州を通過、ケゾン市内の
バタサンコンプレックスとを結びます。 
 
 
弊社がオフィスを構えるBGCも 
タギグ市内であり、スカイトレイン、 
地下鉄の計画も加味すると、
利便性がぐっと 
高まることが予測されます。 
 
 
結果、BGCの地価の向上は、
まだまだ見込みが高く 
前回ご紹介した101ホテル、
リッジウッドといった 
物件価格もますます上昇するでしょう。 

※101ホテルは、7月25日現在、
最後1室となりました。 
ご検討の方は、至急お問い合わせください。 
 
 
グーグルマップ上では、
現在タギグ市からケゾン市で、
1時間半かかりますが、 
この道路ができると約35分と1時間短縮でき、 
その経済効果はかなり高いことが予測されます。 
 
総工費310億ペソかけたこの大プロジェクト、 
2020年には第一段階の工事の終了を目指し、 
急速に工事が始まっています。 
 
 
手掛けるのは、ビールで有名な 
サンミゲルコーポレーション。 
実はインフラ整備業も行っているんですね。
 
 
私が買っている株銘柄の1つでもありますが、 
プロジェクトの効果もあって、 
株価全体の下落に負けず、
ここ数か月で20%以上の 
値上がりをしています。
 
 
人口が伸びるフィリピン。 
その中でも建設計画をしり、
どの会社が受注するのか 
しっかり情報収集すれば、 
株でも不動産でも日本では
信じられない利益を
得ることが可能です!!
 
 
ぜひ、正しい情報の下、 
資産を着実に増やしてまいりましょう!! 
 


ーーーーーーーーーーーーーーー 
   過去の記事は下記から 
ーーーーーーーーーーーーーーー 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
2025年まで急拡大!
フィリピンの開発計画の全貌
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆第1話
「公開! フィリピン地下鉄開発計画の路線図」

━━━━━━━━━━━━━ 
◆第2話
「南北を結ぶ高速道路の開発計画」

━━━━━━━━━━━━━
◆第3話
「タギグ市-ケソン市を短縮1時間!
 マニラ首都高速道路開発計画」
⇒現在の記事です。